スローガン

年齢にあった保育 待ってあげられる保育


6月26日(水) じゃがいもを収穫しました。

春先に植えたじゃがいもを収穫しました。

たくさん収穫できたので、園の給食で食べるのが楽しみです。

6月11日(火) 年長さんと地域の方々と交流会を行いました。

14時から保育園のホールにて交流会を行いました。手遊びやお手玉の玉入れなど、子ども達と楽しく遊んでくださいました。また今回のような機会を設けさせてもらいたいなぁと感じました。

令和 元年 6月8日(土) 講師をお招きして保育参観・公開保育を行いました。

長い間、更新が滞ってしまい、申し訳ありません。

 

6月8日(土)に昨年に引き続き、永谷 郁夫さん 涼子さん に来園いただき、公開保育を行ってもらいました。保護者の方も一緒にリズムをされた方もいて、楽しい講座になりました。

講座へのたくさんの参加ありがとうごいました。

3月6日(火) みんなでお別れ遠足に行きました。(筑豊緑地)

         みんなでバスに乗って行きました。

            ひよこ組さんとりす組さんは行橋総合公園に行きました。


消防隊員さんと消防車が来たよ!

2月の避難訓練では、行橋市消防署から隊員さんに来ていただき、消火訓練と消防車のお仕事について話を聞きました。

興味津々の子どもたちの顔はワクワク真剣でした。

 

 

 

節分の豆まき しました

 

20人の年長さんが和紙を貼って作った鬼のお面をかぶって登場。

ゆっくりやさしくみんなの間を歩いてくれて、「鬼は~外」で投げられた豆をしっかり受けてくれました。

誰も泣かずに、終われました。

不審者対策訓練実施

1月17日(水)

行橋警察署 生活安全課のお巡りさんに来ていただき、もしもの時の逃げ方や声の出し方、職員の不審者対処法などを学びました。

子どもたちには「いか、の、お、す、し」を忘れないように!とご指導いただきました。

アイススケート 

1月12日(金)

小倉のアイススケートセンターで年長組が初体験!

手すりをみがいていたかと思うと、滑って転んであれこれしながら、あっという間に自分で滑ってる!

子どもたちは感覚で滑れるようになるものですね。

 

秋ジャガイモを収穫

12月15日

 

5月末に新園舎に引っ越して、畑の活動として最初に植えたのがジャガイモでした。

9月に植えた種芋からこんなに立派なジャガイモができました。

おもちつき  12月8日(金)

 

子どもたちにも手伝ってもらい、30キロのおもちをつきました。

一時、小雪が舞って寒かったのですが、かけ声をかけながら、ぺったんぺったんと元気につきました。

砂糖醤油でつきたておもちを食べ、おやつではぜんざいにして食べました。

乳幼児の一次救命処置を学ぶ

 心肺蘇生とAED研修

  11月28日(火)13:00~

日本赤十字社福岡県支部の講師から、心肺蘇生とAEDの使い方について研修を受けました。

赤ちゃんの人形と幼児の人形で、胸骨圧迫・気道確保・人工呼吸・AEDの装着と操作についての実技を学びました。

赤い羽根共同募金活動

11月7日(火)

行橋市社会福祉協議会からの依頼で赤い羽根共同募金活動として、年長ぞう組さんがゆめタウンへ行ってきました。

子どもたちの声かけに対してたくさんの方々が足を止めて募金の協力をしていただきました。

ハロウィンかぼちゃ!

子どもたちのために、園児のおじいちゃん、おばあちゃんが大きなかぼちゃが出来たよ!と持って来ていただきました。

ハロウィンかぼちゃのようにカッティングして玄関に飾らせていただきました。

カッティングにも、日頃の器用な手さばきが活かされます。

初めてとは思えない出来栄え!

畑特集!

 

年中 きりん組さんは、育てていた二十日大根(ラディッシュ)を収穫。

味わいながら少しづつ食べてみました。

 

年少 うさぎ組さんも畑を耕して、豆を植えました。大きくなるのが楽しみです。

久住登山!

 

10月26日(木)~27日(金)一泊で、久住登山に行ってきました。

1日目は牧ノ戸峠を出発し、扇ケ鼻(1698m)に登りお弁当を食べました。

竹田市にて一泊し、2日目は、やまなみ牧場で動物たちと触れ合って帰ってきました。

第2回 運動会開催

 10月14日(土)9時から 運動会を開催しました。

 心配した雨もひどくならずに最後まで実施できました。

 たくさんのご来場と子どもたちの活動へのたくさんの応援をありがとうございました。

 写真は年長リズム:荒馬

運動会の予行練習会 10月4日

 

行橋総合運動公園にバスで移動し、芝生の上で思いきり遊んで来ました。

お天気も良くて、とても気持ちいい一日でした。

 

じゃがいもを植えました

 

保育園隣の畑の整備を少しずつすすめていて、1400㎡の畑にうねを4本作って年長さんがじゃがいもを植えました。

 

 

 巨峰・なし狩り 9月1日(金)

 みやこ町犀川の松木果樹園に巨峰となし狩りに行ってきました。

 軽トラのオープンカーでぶどうが頭をかすめるのを避けながら、ぶどう畑の中を走りぬけ 黒くて大きな房にハサミを入れてGET。

 なし畑では、軽トラの荷台から自分で もぎとってGET。

 保育園のおやつでみんなで食べました。

 

おやつ用に長野県の農園からワッサーが届きました。(8/9)

 

桃の甘い香りと柿のような食感に驚きと感動!

 

45歳児は一人1個をペロリと食べてしまいました。

 

ワッサー:長野県須坂で誕生したニュータイプの桃-ワッサー 長野県須坂市の中村渡氏が自園の山根白桃とネクタリンの混植園で発見した実生を選抜育成したもの

7月27日には、同じく長野からネクタリンが届きました。

 

 海水浴 7月25日(火)

 

 年長ぞう組はマイクロバスで芦屋海水浴場に行ってきました。

 初めて海に入る子もいて、しょっぱい! 目にしみる~と最初は驚きと興奮の連続でしたが、徐々に遠浅の海岸の波を満喫しながら遊んで来ました。

 

 

落成式  7月15日(土)

 

市長様をはじめ、たくさんの来賓の方々にお越しいただき無事に終えることができました。記念行事としてきりん組、ぞう組さんが参加して、ロールマットや リズム遊びを元気いっぱいに披露しました。

子どもたちからも「楽しかったー」という声がたくさん聞こえてきました。

プール開き  6月23日

 

新園舎での初のプール

昨年と同じ大きさなのに「小さい」と感じるのは、園庭や畑のスペースが広いからかな~

夏のシーズン。思いきり水で遊んで心肺機能を高めて、秋の運動会に向かいます。

 

 新園舎での生活を開始しました。

 

木のぬくもりにあふれた、オープンな園舎です。

子どもたちはゆったりと生活できるようで、新しい園舎でとても落ち着いて生活できています。

 

 こいのぼり 元気に泳いでます

 

 いよいよ、現在の園舎での生活は、あと1カ月になりました。

 

   こいのぼり 5匹+3匹

    屋上から張ったロープに

      元気に泳いでいます。


 ブロッコリー 続々 収穫!

 

園庭の畑で育てていたブロッコリーが続々と食べごろに育ち、収穫しています。お昼のサラダで新鮮さを味わっています。

子どもたちの頭よりも大きく育っているんですよ!

 

保育目標

 感性豊かで 意欲と思いやりのある

  心身ともに健やかな子どもを育てる

 

☆ 明るく元気によく遊び、よく笑い、よく食べる子ども

☆ 意欲と思いやりのある子ども   

研ぎ澄まされた感性と自主性をもった子ども

 

 重点目標  

1.見る力・聞く力・考える力・表現する力を育てます

2.豊かな心・丈夫な身体・器用な手を育てます

 

 大橋保育園は、昭和50年に行橋市の公立保育園として開園。平成28年度から民営化され、私ども社会福祉法人吉野福祉会が運営することになりました。

 

保育園は、入園しているお子様と保護者への育児支援だけでなく、地域のお子様の育児相談や子育て支援への取り組みも求められています。保育園の子育て支援機能を充実させるためにも、「保育方針や保育内容」等の情報提供をしていきたいと考えています。

子育て支援を60年実践してきた宮崎市の法人「吉野福祉会」が、平成28年4月に公立保育園を譲り受け、運営を開始しました。「年齢にあった保育、待ってあげられる保育」をモットーとし、「遊びこむことができる毎日を保障してあげる」保育を展開していきます。また、自分で起きる。時間を守る。出されたものを食べられる。毎朝、排便する。人の話を目を見て聞く。失敗を恐れず挑戦し続けられる。など、子どもたちが、人として、社会人として適応していく自立心・自治能力を、遊びを通した子ども同士のかかわりやきめ細やかな生活支援の中から育ててあげたいと思っています。

 

 

遊びこむ活動を保障したい!

子どもたちが遊んでいる姿を見ていて、いいなと感じるのは、「遊びこんでいる」姿や表情です。「遊ぶ」といっても「遊びこめている」時もあれば、そうでない時もあります。「遊びこむ」「うちこむ」「のめりこむ」といった「夢中になって〇〇こむ」経験が、幼児期の発達にとって欠かすことのできないものだと思います。

 

保育方針 

 子どもの心・身体・知能のバランスのとれた全面発達をとげさせていきます。人間の土台である身体の育ちを重視し、全身の機能を高める運動、感覚神経系を育てていく生活をすすめてまいります。あわせて、子ども集団・大人集団を子どもにとってよい方向へ創っていき、子どもの社会性を育てていきます。

 

また、子どもの文化性が育つよう、環境・教材・行事などにも創意工夫してまいります。弱い存在として生まれた子どもがよりよく育つための努力を惜しまず、保育園で保障できることを明確に示してまいります。さらに、手厚い保育の必要な子どもには、家庭の育てる力と情熱を基盤にしながら、就学前に人間としての相当の土台を培っていきます。

 

①心の健康 ②身体の健康 ③知的適応能力 ④社会的適応能力 ⑤豊かな感性と情操

 の5つが関連し総合的に発展するような豊かな人間性を育てます。

メリハリのある保育を実践します!

 

 

施設の概略

 施 設 名  大橋保育園 福岡県知事認可児童福祉施設

 URL         http://www.y-oohashi.com/

 所 在 地  824-0033 行橋市北泉1丁目16番11

 el      (0930) 22-3313  Fax (0930) 22-3341

 -ail    y-oohashi@aroma.ocn.ne.jp

 規   模  敷地面積 2990.00  園 庭  859.23

                                延床面積 993.32㎡  構 造  鉄骨造 2階建

 開所時間  7時~19時(延長保育含む)

 定   員  160人(0歳:21人、1・2歳:54人、3歳:28人、4・5歳:57人)

 入所対象児 産休明け(生後8週間)~就学前児童。児童福祉法による対象児童。

 付帯事業  ①延長保育 ・・・18時~19時

 職員体制  園長.主任.保育士19名.調理師4.事務1名.保育サポート4名

 嘱 託 医  内科  長部 誠志 氏  長部医院    

        歯科  吉武 裕司 氏  よしたけ歯科医院

 運営主体   社会福祉法人吉野福祉会 

      (宮崎県宮崎市金崎2953 Tel 0985-41-1133)


 大橋保育園の案内

 見学者用リーフレットです ⇒

 ダウンロードしてご活用ください

 

 

ダウンロード
保育園案内(見学者用).pdf
PDFファイル 1.0 MB



 

 4月からの活動をスライドショーで見てください